PADIダイブマスター

PADIダイブマスターという資格を取っておくとどのようなことがよいか。今やダイビングは若者から女性まで、幅広い人たちが楽しめるスポーツとして日本でも人気を博しています。ダイビングが好きで、趣味であちこちの海にダイビングを行っている人は、趣味が仕事になるため、PADIダイブマスターとは有意義な資格です。PADIダイブマスターは、すでに、PADIアドバンスドウォーターダイバーといった資格を保有している人が受けることができるコースです。
理論と実践から、マニュアルやビデオを使って多角的に学習します。ダイビングスキルだけでなく特殊なスキルや情報についても勉強することができます。理論だけでなく、水中のスキル実習もあります。海洋や限定水域で実施をします。
ダイビングポイントでどのように整備すればよいかや水中地図など、さまざまなことを学ぶことができます。
個人差はありますが、2~3か月かかってPADIダイブマスターを修了すると、PADIダイブセンターやリゾートのスタッフとして働くことができます。さらに、インストラクターと一緒にお客様をアシストすることができます。
ダイビングに魅力を感じ、より多くの人にダイビングの魅力を伝えていきたいと考えている人にとっては、とてもよい資格であると考えます。

沖縄ダイビング 求人・スタッフ募集